2020.10.12更新

 呉市で交通事故被害の解決に注力する弁護士の田奧です。

 今日は,刑事事件の終了まで時間を要した後,速やかに損害賠償請求の示談をした死亡事故案件を紹介します。

【ケース】
 この事件は,被害者が,バイクを運転して片側一車線の道を走行中,対向車がセンターオーバーで走行してきたため驚愕し,転倒して亡くなってしまったという事件です。

【当事務所の対応】

 当事務所は,事故直後に受任しました。

 当事務所は,加害者に対する刑事裁判が終了した後,刑事記録を取り付けてから民事損害賠償請求をする方針を立てました。そして,その時点で収集可能な損害額に関する書類を集めました。

 刑事事件が終了するまで,2年を要しました。刑事事件が終了するまでに,ただ待たされるご遺族のご心労は,察するに余りあるものだったと思います。しかし,刑事記録が取り付けられないと責任割合が決まらないので,刑事事件の終了を待ちました。

 当事務所は,刑事記録及び損害額の資料を精査し,加害者の任意保険会社に対して速やかに損害賠償請求をしました。被害者がセカンドライフを過ごす年齢であったこともあり,年金と労働の両方について逸失利益を請求しました。

【結果】

 相手方保険会社と,責任割合と損害額について交渉し,責任割合及び損害額の両方について,訴訟になった時に見込まれるであろうポイントで示談しました。

 結果,加害者が,被害者に対し,3400万円以上を支払うかたちで示談ができました。

 刑事記録を取り付けてから,2か月後には示談の合意ができました。

【ポイント】

 死亡事故の被害者のご遺族は,刑事事件がなかなか進展しない事や,加害者に誠意が見られない事で,大きな心労を抱えてしまうことが多いです。当事務所にご依頼いただければ,できる事とできない事を明確にお伝えしたうえで,速やかに適切な金額で事件を解決するお手伝いをさせていただきます。

投稿者: たおく法律事務所