2021.01.08更新

 呉市で交通事故被害の解決に注力する弁護士の田奧です。

 今日は,評価損を含めた物損の賠償金と,裁判基準での人損の賠償金を獲得した事案を紹介します。

【ケース】
 この事案は,被害者が,赤信号のため交差点手前で停車したところ,加害車両に追突されたという事案です。

【当事務所の対応】

 当事務所は,事故直後に受任しました。当初,相手方保険会社と依頼者の間では,相手方保険会社が依頼者に修理費用の全額を支払う形で,物損を解決するという話になっていました。当事務所は,相手方保険会社に対し,修理見積から修復歴が残る事が明らかであること,被害車両が高級外車であることを主張し,評価損の賠償を交渉しました。

 その後,事故から5カ月が経過したころ,被害者の治療が終わりました。休業はほどんどなかったので,慰謝料が主たる損害項目となりました。通院実日数が30日程度と少なかったため,相手方保険会社は,通院実日数の3倍程度を慰謝料算定の基礎とするよう主張してきました。当事務所は,通院が不規則であっても,通院期間の全部が慰謝料算定の基礎となると主張し,交渉しました。

【結果】

 結局,物損については,修理費用の他に評価損として約10万円を獲得しました。

 人損については,全部の治療期間について慰謝料が認められ,治療費を除いて約80万円を獲得しました。

【ポイント】

 保険会社との交渉を弁護士に依頼することで,被害者が知らなかった損害項目や,被害者が知らなかった損害の計算の仕方で損害賠償を請求し,損害金の増額をすることができる場合があります。

投稿者: たおく法律事務所