2015.07.07更新

今日は,追突事故等で発症することが多い,むち打ちについてお話します。

頚椎捻挫,頚部捻挫,外傷性頚部症候群,頚部挫傷,頚椎神経根症,頸椎椎間板ヘルニアなどという傷病名がつくことが多いですが,全て頚部のむち打ちと呼ばれているものです。

むち打ちのために頚椎の椎間板にヘルニアが生じて神経根を圧迫すると,圧迫された神経根が支配する領域の上肢にしびれ等の神経症状が残ることがあります。

症状固定後にこのような症状が残っていれば,後遺障害等級14級9号あるいは12級13号の認定がされる余地があります。

むち打ちも,後遺障害と認定される可能性があるのです。

ここで考えてみてください。むち打ちって,長い長い時間が経過すると,良くなることがあると聞きませんか。

後遺障害は,現在の医学的な知見からして,これ以上良くならないという時点(症状固定時)において残っている症状です。これ以上良くなる可能性があるなら,後遺障害とは言えないんじゃないですかね。

いいえ,それでも,むち打ちは後遺障害になる場合があるのです。後遺障害慰謝料も,発生します。

ただし,後遺障害逸失利益の計算上,労働能力が減少するであろう期間を,14級9号なら5年,12級13号なら10年とすることになっているのです。

もちろん,この期間が認められるのは,弁護士が交渉する場合に損害算定の基準とする裁判所基準によった場合のことです。

保険会社の提示する基準では,労働能力の減少期間は,14級9号で3年,12級13号で5年などとされることが多いです。

むち打ちの症状が和らぐまでの間,適正な損害賠償金を取得したいですね。

投稿者: たおく法律事務所

2015.07.02更新

離婚後に女性の再婚を6カ月間認めない規定が「法の下の平等」に反するとして、国に損害賠償を求めた事件につき,11月に最高裁の大法廷が開かれると報道がありました。

最高裁の大法廷が開かれるということは,この争点について最高裁判所の憲法判断がされる,ということです。

民法733条 第1項 女は,前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ,再婚をすることができない。

この規定は,どうして設けられているのでしょうか。

それは,次の規定を見ればわかります。

民法772条 第1項 妻が婚姻中に懐胎した子は,夫の子と推定する。

第2項 婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消もしくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は,婚姻中に懐胎したものと推定する。

要するに,離婚から三百日以内に生まれた子には前夫の子との推定が働き,再婚してから二百日以内に生まれた子は後夫の子との推定が働くのです。

そのため,再婚禁止期間がなければ,再婚後に生まれた子について,前夫と後夫の両方の推定が働くケースが生じます。

これを回避するのが,再婚禁止期間の目的です。

しかし,推定の重複を避けるためには,再婚禁止期間は,100日で良いはずであると言われてきました。

再婚禁止期間そのものが合憲なのか,再婚禁止期間が六箇月であることは合憲なのか,どのような判断がされるのか,注目したいですね。

投稿者: たおく法律事務所

2015.06.30更新

朝ドラの「まれ」を,毎日録画してみています。

今週は,ドラマの中では2年半が経過したようです。

希がパティシエールとして成長する過程がカットされたのは少し残念ですが,成長した希に期待です。

本当に,月日が経つのは早いものですね。

投稿者: たおく法律事務所

2015.06.26更新

ロースクールの同期の弁護士と食事をしました。

私と同じく呉で業務をされている方です。

互いに注力している業務分野について話をし,良い刺激になりました。

投稿者: たおく法律事務所

2015.06.25更新

呉市でたおく法律事務所という事務所をしております,弁護士の田奧明生と申します。

これから,折に触れて考えたことや日常の中で気づいたことなど,この場でお話させていただきます。

何卒,よろしくお願いします。

投稿者: たおく法律事務所

前へ